今年のイベント!

●【出店】9月8~12日(金~火)
・さっぽろオータムフェスト 2017 に出店します!

Twitter はじめました

@hokkichowder にて、ときたまつぶやいています。ぜひぜひフォローしてください

現在のつぶやき

海幸と山幸☆

ホッキ貝は、地元の稚咲内漁協で獲れたもの。繊細な味わいと、身の締まったしっかりとした食感のホッキです
漁獲量が少なく、希少ですが、これを惜しげもなく使っています

生のままでも食べられますが、湯びきをして、身がきれいなピンク色になるのが、豊富産の特徴です
普通はお刺身やお寿司のネタとして有名ですが、地元ではカレーに入れたりシチューに入れたり…。老若男女を問わない、人気メニューなのです

また、アラニンというアミノ酸がしっかり含まれていて、これは、

  • 糖度を下げるインスリンの分泌を促してくれる → 脂肪分解酵素を活性化 → ダイエットに最適!
  • アルコールの代謝を促進し、肝機能を保護してくれる → お酒を飲む方に最適!

です。美味しくて健康によくて、味わいがよくて歯ごたえがある。何だかパーフェクトな貝なのです

今回、ルールにも書いてありますが、野菜は道内産のものを使います
チャウダーに使われるタマネギ・ジャガイモ・ニンジンはもとより、サラダに使われる野菜も、できる限り地元の旬の野菜を使うこと、これがしっかりとうたわれています
試作の段階でも、ありとあらゆる種類の地元野菜が使われました。そして、野菜サラダは各店の創意工夫の幅が大きく設定してあるので、腕の見せ所ということになります
ホッキーチャウダーはもちろんですが、その野菜ひとつひとつにもこだわりがあるところも、楽しんでもらえたらうれしいです

サロベツマイハート『夢工房』さんは、新・ご当地グルメの開発当初から参加されているパン屋さんです。「イカサラダをパンにのせてみた」の発想は、このお店から始まっています
そして、道内産へのこだわりは、パンにも…
調達が非常~にむずかしい、「道内産小麦」。しかも、これをちゃんとふくらませるとなると、至難の業! 幾度も試行錯誤を繰り返しても、うまくいかない日々…。店長さんのぼやきを聞いた人は、1人や 2人ではありません
しかし、ちゃんとできあがってしまうのが、情熱の証です。美味しいフランスパンは、試作に次ぐ試作の結晶です
お店のパンは、朝6時頃から仕込みを始め、1行程ごとに30分以上寝かせて(!)つくられ、お昼に焼き上がる極上パンばかり。周辺の町からも、わざわざ買い求めてくるお客さんの足は耐えません
ていねいな仕事と熱い気持ちが、耐えることのないパン屋さんの「フランスパン」。幸せな味です

稚咲内漁港の脇にある、小さな集落の、住宅の奥にあるのが「藤元ジャム工房」さんです
ここで、手作りされている「はまなすジャム」が、牛乳ジュースにたっぷりと入ります

途方もない年月を費やして開発されたはまなすジャムは、毎年コツコツ収穫された天然のはまなすの実から、丹念につくられています
ちなみに、防腐剤は使いません。ふたをあけたら、早めに食べてしまわなければなりませんが、そのために小瓶になっています。味わいと香りを損なわないための細やかな配慮が、地元でも長く愛される理由なのかも知れません
周りはすべて「利尻・礼文・サロベツ国立公園」。手つかずの自然のすぐ隣で、ゆっくりとした時間と冷涼な気候が、爽やかで豊かな風味を生み出しているのです

豊かな海と山と温泉にはさまれて、今日もスローにおいしいものが生まれています
そんな町の名前が「豊富町」なのも、何だかすごく当たり前のような気持ちになってしまいます